【RBB 】フェルトスパイクシューズ【双進】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事には、別途セカンドインプレッションがあります。購入後9カ月使用したインプレッションです。最後の方にページリンクを貼っていますのでそちらからどうぞ。

スポンサーリンク

フィッシングブーツを新調しました。

私の今までのフィッシングスタイルは、ウェーダーを使用したウェーディングをメインとしたスタイルでした。なので基本的にはブーツ一体型のウェーダーを使用している事が多いです。フィッシングブーツを使用するタイミングというのはあまりなかったのですが、たまに行く磯場や河川の潮位変動のタイミング、ポイントの立ち位置によってはウェーダーではなくフィッシィングブーツでエントリーすることがありました。昨日まで数年前に購入したRBBとREALMETHORDのコラボ商品のフェルトピンスパイクシューズを使用していたのですが、使用頻度は少ないとはいえさすがに3年近く使用すると劣化が目立つようになり、最近では磯に行く機会も多く限界を感じていたところでした。

今は亡きRBB×REALMETHORD フェルトピンスパイクシューズ。

フェルトピンスパイクでしたので非常に使い勝手がよくフェルトシューズとスパイク(ピン)シューズの中間的立ち位置で、いいとこ取りの使い勝手いのいいブーツだったのですが、上記写真のとおり、ピンは全く機能しないぐらいすり減って、フェルト部分もかなり薄くなり、最近の地磯歩きでは転倒が多く冷や汗をかいたタイミングが数回あったので、身の危険を感じ今回の購入に踏み切ったのですが・・・私個人としては出来るなら同じ商品が欲しかったんですよね。なぜかと言うと、フェルトピンスパイクブーツってあまり市場に存在しないんですよ。この中間的立ち位置のブーツは汎用性が高く色んなフィールドに適応していたからです。フェルトが強いフィールドも、ピンスパイクが強いフィールドもそれなりに対応できたから。これが根っからの磯アングラーで、ピンスパイクでないと転倒が多発するようなフィールドがメインのアングラーにはおススメできませんが、私のように河川やちょっとした地磯、テトラポットの穴釣りのランガンがメインのアングラーにはこれ一足で対応できるので非常に優れたアイテムでした。廃番になったのが本当に残念です。

新・RBBフェルトスパイクシューズ。

今回新たに購入したのはRBBのフェルトスパイクシューズ。同ブランドのスパイクシューズもあるみたいですが、どこを探しても品切れ状態。正直スパイクシューズにも気が向いていましたが、無いものねだりをしても仕方が無いのでフェルトスパイクシューズを購入。いちをフェルトスパイクなので小さいですがピンが付いています。国産のステンレスピンが片足に32本配置されているようです。

サイズと使用感

商品を購入し、さっそく地磯を歩きながら使用感を確かめてきました。まだ1回目の使用なので今後の感想等も変わってくるとは思いますがとりあえず参考程度に。

まずサイズですが、私の通常の靴のサイズは26㎝~26.5㎝で、今回購入したブーツはLサイズの26.5㎝表記。実際に履いてみると若干ですが大きめに感じます。普通のソックス1枚で使用するには少し大きいです。磯用のネオプレーンソックスをはいてちょうどといった感じです。ですが、このブーツを使用するにあたり、通常のソックス1枚で使用する事は稀なのではないでしょうか。ソックスタイプのウェーダーだったりウェットスーツを多様する方でしたら通常の靴と同じサイズを選ばれた方がいいと思います。どうしても通常のソックスで使用したいという方は、厚手のソックスを使用するなどソックスで調整すれば許容範囲なのではないかと思います。

使用感で言いますと、フィット感は非常に良いと思います。少し大きめの設定なので歩いていて窮屈に感じるような事はありませんでした。

上記写真の様な少し大きめの岩場でも問題無く歩けます。グリップ力もほぼほぼ問題無し。ハイカットタイプなので磯歩きの際の不意な捻挫等も軽減してくれるでしょう。

上記写真は立っているのがギリギリぐらいの角度の岩場ですが、このフェルトピンブーツでも何とかキープして立っている事ができました。シャシンワカリニククテスイマセン・・・

これが雨が降ってフィールドが濡れているとか、うねりが強くて波を被っているとかだと、この角度を歩くのは危険かと思います。ここまで来るとピンスパイクに歩があるでしょう。

最後に

以上、まだ1度しか使用していませんが感想をざっとまとめてみました。今回はフェルトピンブーツを磯場にて使用したインプレッションですが、やはり河川のウェーディングとか、ゴロタサーフ等で使用する事が想定されている商品だと思います。もし同じような状況で使用する方は十分に気をつけて、自己責任にて使用してください。何事にも安全が第一ですので、本来ならフェルトブーツとピンスパイクブーツを2足準備して状況に応じて使いこなすべきです。磯での釣りはご注意を。今後継続して使用し、途中経過等もブログにて報告しようと思います。

あっ、、、ちなみにですがこのブーツもPayPayにて実質破格で購入した商品ですwそれではまた。

追記2020年6月24日。本記事のRBBフェルトスパイクシューズ9ヶ月使用インプレッションを更新しています。よりリアルなインプレッションはこちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました