ビッグアカハタで入魂完了!HARD ROCKER BB 86H

スポンサーリンク
長崎地磯で釣れたアカハタとキジハタ ハードロックBBで釣れたアカハタとキジハタ
スポンサーリンク

先日購入したHARD ROCKER BB 86H。長崎方面の地磯にてさっそく使用してきました。

前回の記事はこちら。

今回はこのロッドでの初釣行です。しかもいきなりのビッグフィッシュにて入魂する事ができました。

スポンサーリンク

向かうは長崎!1泊2日の遠征釣行

今回はまとまった休みが取れましたので、1泊2日の少しゆっくり釣行。もちろん車中泊での遠征です。

初日は昼過ぎに現地に到着。翌日の朝にどこに入るかの下見を含め、数ヶ所良さそうな場所を見て回ります。凪の日に磯を見て回ると結構新しい発見がありますよ。荒れている日には前方まで出れませんからね。

時間的に最後の磯になる所で少し竿を出してみる事に。

長崎地磯でロックフィッシュ釣行

ここは水深も結構あり期待が持てそうな感じなのですが、全然アタリがありません。意外と地形も平らな感じで、いまいち変化に乏しい印象を受けました。

長崎地磯から見る夕日

結局最後の最後まで反応無く日没を迎えてしまいましたのでこの日は終了としました。

車中泊で弁当と缶ビール。これが意外と美味い。

いったん車へ戻り、翌日入ろうと思っていたポイントの駐車スペースまで移動。場所取りも兼ねてその場で車中泊です。あらかじめ準備していた弁当と缶ビールを車の中で。冷たい弁当とあまり冷えていない缶ビールですが、車中泊仕様の車の中で食べるとそれはそれで美味しいです笑。まぁ、次回は缶ビールだけでも対策していこうかと思います。ヤハリビールハヒエテイルホウガオイシイノデ

その後はすんなり就寝しましたw

翌日の朝マズメに好反応!突然のビッグファイト!

気を取り直して翌日の朝マズメ。場所取りも兼ねて車中泊しましたが、人の気配は一切無し・・・笑。磯へ降る道が少々危険なポイントなのですが、人の気配がなかったため少し明るくなってから降る事に。十分に注意しながらゆっくりとポイントまで降りていき、ゆっくり準備して釣行開始です。

まずは活性の高い個体がいないかを確認するために、ブレード付きのジグヘッドにシーバス用のダイワミドルアッパーの3.5インチをセット。

ブレード付きジグヘッド FLAKE HATA HEAD

これで一度ボトムをとり、そのままただ巻きで中層まで巻き上げてきます。ある程度中層まで巻いたらもう一度ボトムまで落とし巻き上げる。基本はこれの繰り返しで広範囲に探っていきます。

しかし今回は全く反応が無かったので次はボトム付近を探ります。

同じジグヘッドとワームのままボトムまで落とします。大きくロッドをシャクリ、ジグヘッドを跳ね上げるイメージですね。何度かジグヘッドをシャクリボトムに着いた後、少しリーリングにてズル引きを入れます。基本はこの繰り返し。

今回はそのズル引きを入れた瞬間に急に重たくなり違和感が。一瞬根がかりかと思ったのですが、すぐに明らかな魚の引を感じました。いきなりだったので焦りましたが、根に潜られないようにゴリ巻きにて対応。それでもある程度締め込んでいたドラグが(正確には計っていませんが出されないと思っていた)『ジジッ』と出るぐらい抵抗します。しかし根に巻かれるわけにはいかないので、こちらも必死に(笑)巻き続けます。そしていよいよ水面に顔をだしたのは・・・

長崎地磯で釣れたアカハタ ハードロックBBで釣れたアカハタ

40.5㎝の立派なアカハタです!キャッチした瞬間『よーしっ!』と言ってしまいましたw。初の40upの根魚初キャッチです。さすがにこのサイズになるとなかなかの迫力がありまねー。

その後も同じ方法でもう1匹追加

先ほどのアカハタをキャッチ後、同じ方法で周辺のボトムを探る事数投後。今度はフォール中に『ゴン』と明らかな魚信。今度は思いっきりアワセを入れると、これもまたなかなかの引きです。さすがにドラグが出る事はありませんでしたが、上がってきたのは30㎝半ばぐらいのキジハタです。

長崎地磯で釣れたキジハタ ハードロックBBで釣れたキジハタ

このぐらいのサイズは全然余裕でこなせるHARD ROCKER BB 86H。巻き上げるのは疲れますが、魚とのやり取りは余裕をもって対応できるイメージです。

その後は反応が無くなったため、テキサスリグに変えボトム周辺を丁寧に探っていったのですが、反応するのは小型のカサゴばかり。磯も変えたりしたのですが、昼近くになり時間も迫ってきたので今回は終了としました。

長崎地磯で釣れたアカハタとキジハタ ハードロックBBで釣れたアカハタとキジハタ

HARD ROCKER BB 86H 初使用の感想

まだ1日しか使用していませんが感想を少し。結論から申しますと、1万円半ばで購入できるロッドとしては文句無しの仕上がりなのではないでしょうか。『これでは釣りにならない』と言うほどの違和感は全然ありませんでした。耐久性とか破断強度とかは分りませんが。

まぁ、使用する前から『1万円代のロッド』という認識がある為、大きな期待が無いという事もあるかもしれません。

ただHというパワー表記のわりには、そこまでガチガチの設定ではありません。ティップもわりと入ります。40㎝のアカハタとのファイトも『負けはしなかったけど、決して余裕ではない』といった感想です。ある程度水深のある磯からの使用で、大きなカケアガリや根がある場所では止めきれない事もあるかと思います。

逆にジグヘッドやリグのリフト等は非常に操作しやすい印象でした。その操作感に関してはちょうどよいパワー設定になっているように感じます。

まだ1回目の使用ですので、今後使い込んでみてしっかりとしたインプレをしてみようかと思います。

このジグヘッドは・・・?

今回活躍したこのFLAKE HATA HEADですが、ネット上にほとんど情報が無いんですよね。どうやらバスフィッシングブランドの『コーモラン』というブランドの一部みたいです。しっかり調べたわけでは無いのですが、今回おまけ程度で持って行ったのですが一番活躍してくれました笑。

FLAKE HATA HEAD 28g

根がかりでロストしてしまったので今回はパッケージのみ。このFLAKE HATA HEADは一般店舗で販売されていて、2本入りで確か550円ぐらい?だったような気がします。たまたま目にとまったので何となく購入してみたのですが、本当に買って行ってよかった。ブレードの集魚効果がよかったのでしょうかw

またあったら買ってみようかと思います。

最後に

今回は先日購入したHARD ROCKER BB 86Hの初使用釣行のお話でした。

まさか40㎝オーバーの根魚が釣れるとは思ってもいなかったので、とても刺激的な釣行でしたw

また魚が高反応を示したのも朝マズメの終わり頃だったので、根魚の時合いというのも今後さらに意識していくべきだと感じた釣行になりました。

長崎地磯で釣れたアカハタとキジハタ ハードロックBBで釣れたアカハタとキジハタ

釣行後も持ち帰りとてもおいしい根魚です。

長崎地磯で釣れたアカハタとキジハタ ハードロックBBで釣れたアカハタとキジハタ

今年もこれからのロックフィッシュシーズン楽しんで行こうと思います。それではまた。

タイトルとURLをコピーしました