2020年最初の球磨川遠征

スポンサーリンク
球磨川中流域
スポンサーリンク

私の大好きなエリアである熊本シーバス。昨年もこのブログでは熊本釣行記を書いてきましたが、今年は例の感染症から始まり、7月の大雨により梅雨の増水シーズンも熊本方面の遠征は意図的に中止していました。

ですがそろそろ秋の気配も感じられるようになって来ましたし、例年であれば秋の群れの回遊も始まるのタイミングでもありますので今年初の球磨川遠征に行って参りましたが、今回は魚に出会う事は出来ませんでした。今回は記録用の釣行記になります。

スポンサーリンク

大雨により変わってしまった地形

現地に着いてまず感じたのは水質の悪さ。カフェオレを通り越して完全に泥水状態でした。確かに前日は一日かけて雨が降ったのですが、普段であればこれほど水質が悪くなるまで濁る事は無いのではと思います。先日の災害の影響で上流域を始め、いたるところに泥がまだ残っていて、増水するたびにその泥が流れ色濃く濁るといった状況でしょうか。

そして現地に入って感じたのが地形が大胆に変わっているという事。

球磨川中流域

ここは誰もが知る有名な一級ポイントで、今までであれば潮位が下がっていくにつれ流芯が絞られて、シーバスがつくポイントが数ヶ所に絞られていくのですが、災害の影響なのか地形が大きく削られ、今までとは違う流れが発生するようになっていました。熊本は潮位の変動が激しいので簡単には言えませんが、同じポイントでも潮位の変化による魚の着き場がよりいっそう変わっていく印象を受けました。

また、いきなり掘れて深くなっている部分がたびたびあって、歩いていると足をとられたりしますのでよりいっそう注意が必要になると思います。

流木が沈んでいる

こちらも災害の影響だと思うのですが、ちょいちょい流木などが底に沈んでいるいて非常にストレスを感じました。今回は時間の影響でポイントを2つしか回れなかったのですが、どちらのポイントにも今までなかった所に流木が沈んでいて根がかり。

球磨川災害で沈んでいる大木

これは手前のシャローに沈んでいた流木に引っかかってしまい、腰より少し上ぐらいの水深を何とか歩いて行って足で枝を踏み折り救助したスカーナッシュ。これで枝の部分だと思うので、結構大きめの流木が沈んでいたのだと思います。

その他にもシンキングペンシルを2つ同じ様な流木に絡めてしまい、ロストしてしまうという悲惨な結果になりました。

逆にこの流木の位置をしっかりと把握し、潮位とタイミングを計ってアプローチすると魚がついている事があるかもしれませんが、根がかり覚悟の必殺技になりそうです笑。

綺麗になったウェーダー

今回は朝マズメのタイミングで上げ潮が入ってくる潮回りでしたので、夜明けまで粘りましたが完全敗北となってしまいました。

球磨川中流域

今回の収穫はこれw

今まで潟ベースのポイントで使用してきたウェーダーが、この通り綺麗綺麗になりましたw

綺麗になったウェーダー

このウェーダー、値段の割には良い仕事してくれます。安いのでガシガシ使えますね。

最後に

今回は今年初めての球磨川遠征に行ってきましたが、状況が今までとは全然違い非常に苦戦した一日でした。まぁ、遠征組なので仕方ない部分もありますが、そう簡単には魚には出会えませんね。

これから秋のハイシーズンになってきますが、今年は何回遠征に行けるかな・・・。一匹は90㎝オーバーを獲りたいです。

宮原パーキングエリア

帰りは宮原パーキングで小休憩。唐揚げが意外とおしかった!高かったけど。それではまた。

タイトルとURLをコピーしました